So-net無料ブログ作成

療育センターでの個別指導を受けてみました。 [自治体の療育]

個別指導を受けたいとお願して 約2カ月後。

ようやく、個別指導を受けることになりました。




集団指導より少し狭い部屋に通され、

パーテーションで区切られたブース内に入りました。



子供は机に向かってイスに座り、親は子供の横か背後に座ります。

そして、子供の真向かいに先生が座ります。

指導では、型はめ、ビー玉落とし等の教具は使用されており、

モンテッソーリとかで出てきそうな高価な教材や

手間がかかっていそうなお手製の教材がありました。


指導時間は、約40分。




指導する先生や教具の希望は 

もちろん、できません。(笑)




隣のブースでは、別の子供が指導を受けていて、

声が かなりはっきり聞こえる状態。

でも、指導中は、自分達のことで頭が一杯になるので

私は、ほとんど気になりませんでした。

(大号泣とか大絶叫以外は・・・)



この個別指導、数回受けさせてもらったのですけど

もしも毎月1回、この個別指導を受けたとしても

何かが劇的にできるようになるとは思えませんでした。




「もっとやらせないと、ダメじゃないの?」って感じ。





とりあえず、家で練習するために買ったのが、これ。




「結構、高いな~」とは思ったのだけど、

子供の現状の問題が、この教具ではっきりしたし

他の子供にも、よくこの教具を使って療育していたから。



ちなみに、この教具で明らかになった問題点。

後々まで 引きずることになりました・・・ 


あとになって わかったことなんですけどね。

  

使い方は、また次回。

   

nice!(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。